止槍(トメヤ)を交換準備(新旧比較)

この度、三回目の交換

毎回強度を上げてきているので持ちも長くなってきている

P_20191029_155859_vHDR_On_1

P_20191029_160232_vHDR_On

この左のトメヤは約6年使用(他新品)

三回使用したら研ぎなおし

投げたら研ぎなおし

ほか鉄筋を尖らせただけのトメヤも良い仕事してくれているが今回は整備のみ。

P_20191029_161720_vHDR_On.jpg
P_20191029_163249_vHDR_On.jpg

常時使っているトメヤ使用不能時は現場で調達した木や竹を柄とし予備のトメヤに

日頃銃器をもたないので非常時に大変頼りになっています。

又投げた場合トメヤを回収しやすいように柄の先端にパラコードを繋げられるようにしている。

投げたら即回収

当たらない場合もあるし、当たっても回収が遅くなれば暴れて刃が曲がってしまう。

古いトメヤは過去何回も曲がってしまい都度修正しているので最近いつ折れてしまうのではないかと心配でした…

最近35Pの樫の柄が品薄のようで今回は手すりを代用

強度はあるようですが持ちが心配

今は一部の塗装ですが全体を塗装した方が持ちがいいかな・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中